省エネと節電の違い

人類が抱えている課題に地球環境問題があります。大切な地球を守るために普段から節電を心掛けている方は多いことでしょう。今は様々な節電機器が販売されており、ご自宅でもちょっとした心掛け次第で節電ができます。しかし、節電と省エネは意味が違うということはご存知ですか。こちらでは節電の省エネの違いについて説明していきます。

節電の重要性

日本では大震災により、電気の供給量と受給量のバランスが崩れるという問題が起こりました。電気は少量ならバッテリーに貯められますが、ダムに貯水するようにはいきません。発電したらすぐに必要な場所に届けられ消費されます。

そのため、夏場や冬場の電気消費量のピーク時は、電気の供給量と受給量のバランスを取るために節電する必要があったのです。節電とはピーク時に問題が起こらないように電気を減らすという意味になります。大きな電力を使う機器はピーク時を避けて使用することが節電になるのです。

省エネとは

省エネはピーク時に敢えて電気の使用量を減らすのではなく、常に電気や石油など地球環境問題に関わるエネルギーを節約することです。エネルギーを無駄なく効率良く使用することで、エネルギー安定供給確保と地球温暖化防止しています。

寒冷地にあるご家庭では、水道凍結防止ヒーターが設置されています。
水道凍結防止ヒーターは目に見えない場所に設置されており、稼働時はエアコンを一日中付けっぱなしにしているのと同じ位の電気を消費しています。

テムコではその問題を解決できる省エネ機器「NEWセーブ90」を販売しており、取り付け方法は簡単です。一度取り付ければ接続したままで問題ありません。
高性能で確かな節電技術が認められ専門機関から賞をいただいていますので、安心してご利用いただけます。

設置することで効果を実感できることでしょう。他にも様々な省エネ機器を販売していますので、省エネ機器をお買い求めでしたらぜひテムコをご利用ください。