歯磨きと歯ブラシケア

むし歯や歯周病になると大切な歯を失うばかりではなく、健康にも影響を及ぼすことがあります。年を取っても自身の歯で食事を楽しめるように、歯磨きを徹底している方が大半です。しかし、歯磨きはしっかり行っていても歯ブラシのケアはいかがでしょうか?
こちらでは歯磨きと歯ブラシケアのポイントについて説明していきます。

マウスウォッシュ

むし歯予防、歯周病予防としてマウスウォッシュを利用する方もいらっしゃることでしょう。しかし、マウスウォッシュを利用する際は、歯磨きの前に使うようにしましょう。
正しいケアがされていない歯ブラシは、ミュータント菌やイースト菌、はては大腸菌の温床となってしまいます。殺菌効果のあるマウスウォッシュによって、ある程度歯ブラシにつく菌を減らせます。

強い力で磨かない

歯磨きをするとき、プラークをしっかり落とそうと必要以上に力を入れてしまう方がいます。強い力で磨くと歯の摩耗や歯茎の痛みが生じる可能性があります。
歯茎は想像している以上にデリケートです。大切な歯を守るためにも、適切な方法で歯を磨くようにしましょう。不安があれば歯科医師に相談することをおすすめします。

歯の健康状態と歯ブラシの交換時期

歯ブラシの交換時期は別ページに記載していますが、こちらではもう少し情報をプラスしたいと思います。その情報とは、歯の健康状態によって歯ブラシの交換時期も異なってくるということです。

歯周病やむし歯など、歯の病気にかかっている方の場合、歯ブラシに菌がついてしまい増殖している可能性が高いです。早く完治させるためにも、こまめに歯ブラシを変えることをおすすめします。

テムコではヘッド交換式歯ブラシ「サ・レ・ド」を販売しております。
歯ブラシのヘッド部分のみを交換できるようにしたので価格が安く経済的です。
また、歯と歯茎の隙間の歯石をしっかり落とせるように、超極細繊維と普通毛のW植毛ブラシとなっています。

正しい歯ブラシケアをするには、1ヶ月に1回は歯ブラシを交換しなければいけません。毎日使う歯ブラシには、ぜひテムコのヘッド交換式歯ブラシ「サ・レ・ド」をご利用ください。